FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明後日から米国出張

明日がヒルサイドトラベラーズの銀座ロッキートップライブ。そして、明後日からはニューオルリンズ出張です。

ニューオルリンズは初めての訪問でとても愉しみです。
ぜひ楽器屋巡りをして、古楽器を探したいと考えています。

ニューオルリンズにブルーグラス楽器はあまりないと思いますけど、ジャズギターとかフィドルとかはありそうです。あとはテナーバンジョーも古いのがもしかしてないか、と淡い希望もあります。
スポンサーサイト

ライブのお知らせ

久しぶりに東大OBバンドのHillside Travelersのライブを行います。

日時:4月16日(金) 19:30開演 ~3ステージ

場所:銀座ロッキートップ
   http://www.liverocky.com/html/index.html

トラッドなナンバーでハイロンサムサウンドをお楽しみください。結成1年半で、そうとうまとまってきて安定した演奏ができるようになってきました。


このバンドではマンドリンとドブロを担当いたします。
トラッドなサウンドを守りつつ、最近の奏法なども加えて新鮮味を出しています。

毎回満席になっていますので、事前予約をお勧めいたします。

久しぶりのバンド練習

昨夜は久しぶりのThe Natural Goldの練習を行いました。
フィドルの鷲見さんが退団してから初めての練習です。

メンバー
 ボーカル  大久保 里夏
 ギター   小池 博文
 マンドリン 岩本 健
 ベース   宮永 秀夫
 バンジョー 古川 修

いやー、いいものですね。ブルーグラスの演奏。
とても気持ちがよかったです。

フィドルが無くてどうなるかと心配していたのですが、他の楽器でカバーする練習をしました。昨年から一年間しっかりと練習している成果が相変わらず続いていて、リズム、コーラスがぴったりと合いました。

演奏することを身体が覚えていて、余裕がとてもあることも分かりました。
素晴らしいメンバーと出あえて幸せです。

そして、新曲がまたかなりなレベルの難曲。
You Can't Take It With You When You're Gone

もちろん、ロンダヴィンセントのカバーですが、普通のブルーグラスの感覚ではない、コード進行にコーラス。
最初は挑戦することが無謀かと懸念していましたが、やっているうちに、だんだんとそれらしくなってきました。最後のほうはかなりいい感じにハモっている気までしてきました。

気の合う仲間たちと奏でるブルーグラス。本当に幸せを感じます。

フィドルがいくらか弾けるようになってきました

最近ではブルーグラスの楽器のなかで、一番多く触っているのがフィドルです。

バンジョー、ギター、マンドリン、ドブロ、ベースと我が家には可愛い子がケースのなかで触ってもらうのを待ち焦がれていますが、全ての楽器をしょっちゅう弾く時間はありません。そこで、バンドで担当しているバンジョー、ギター、マンドリン、ドブロはバンドのスケジュールに合わせた個人練習をすることで精いっぱいの状況となります。時間がとれれば、さらに新たな奏法の確立へ向けた練習もしますが、バンドの演奏活動のほうが優先となります。

しかし、フィドル演奏の面白さは忙しくてもしょっちゅう触りたくなる魅力があります。また、演奏技術がまだ未熟ですので、練習すればしただけ技量レベルが向上して、これも大いなるモチベーションとなっています。

フィドルを最初に購入したのは30年以上前だったように思いますが、昨年まではあまり積極的に練習をしていませんでした。それが昨年に新バンドを結成してフィドルの第一人者の鷲見さんが加入し、原宿こんとん館での鷲見フィドル教室に初めて参加した7月末以来、フィドルを弾くのがとても愉しく感じるようになりました。

そして、昨年秋にプラハでチェコ製の手作りヴィンテージフィドルを購入し、昨年暮れには魂柱などの調整をして、弓もいくらかいいものを買って、フィドル演奏の環境が整い。ました。

そんな経緯で、かなりな頻度でフィドルの練習というか、触って愉しむことを行っています。妻からは近所迷惑と文句を言われつつ、まあまあ弾けるようになってきました。ということで、最近はブルーグラスジャムにフィドルも持っていったり、カントリーバンドではフィドルソロをとったりするようになりました。まだまだ初心者レベルの技術ですが、バンド演奏のなかで弾くと、個人練習とは全然違う愉しさがあります。

あと4カ月で本格練習を始めて1年になりますが、それまでに、ブルーグラスの定番曲はある程度のレベルで弾けるようになることを目標としています。そのために、下記のトラッドからコンテンポラリーのジャンルの曲の完全コピーを目指して練習しています。

-Paul Warren
Shacking The Corn
Randy Lynn Rag

-Stuart Duncan
Kentucky Border Line
Lee Highway Blues

-Mike Cleveland
Jerusalem Ridge

目指すはブルーグラスフィドラーとしてライブ出演することです。
プロフィール

oldriver

Author:oldriver
古川修(ふるかわ よしみ)

50年近くブルーグラス音楽の演奏活動を続けています。
ブルーグラスの楽器は全て弾きます。

ブルーグラス好きの皆様。気軽に声をかけてください。
ジャム演奏や、バンドメンバーが欠けたときのトラなど、なんでも大歓迎です。

参加バンド
◆Hillside Travelers
  マンドリン・ドブロ担当
  大学時代の継承バンドを
  OBが時間と世代を超えて
  復活
  ビルモンロー、
  フラット&スクラッグス、
  スタンレーブラザース、
  リリーブラザース・・・
  などのトラッドで懐かしい
  ブルーグラスをお届け
  いたします。

 ☆2012年3月23日(金)
   曙橋バックインタウン
   1バンドライブ

◆The Natural Gold
  バンジョー、
  3フィンガー・ギターを担当
  女性ボーカルを配し、
  ロンダヴィンセントのカバー
  を中心とし、
  難曲に挑戦中!

  ノリのよさと、洗練された
  ハイロンサムサウンドを
  目指しています。
 
 ☆ 次回ライブは5月ころ

◆ 7th Heaven
  2010年にスタートしたカントリーバンド。
  テレキャスター担当

  ☆4月14日(土) 赤坂J's Bar
  
◆Gourmet Jazz Quintet
  おじさん、おねーさん、若者たちで構成
  している世代を超えたジャズバンド。

  ☆3月31日(土) 13:00~所沢SWAN

◆Out of Grass
ネオトラッド系ブルーグラス
 マンドリン&フィドル担当

所有楽器
◆バンジョー 
本体: Gibson RB800 
Tone Ring : Danic
Wood Rim : Jimmy Cox
  Timeless Timber Maple
Frange : 1ピース
 戦前グラナダの音に近づける
 改造をしました。

◆ギター
Martin D18 1947
     S/N 100470
 マホガニーの枯れた音が最高!

Johnson JD27
 この値段で最近のマーチンを凌ぐ
 響きの良さ。

◆マンドリン
Gibson F5 1953
      S/N A12936
 枯れた音色でよく鳴ります。

The Loar
 この値段でいいのかと思うほど
 よく鳴ります。

◆ドブロ
Acoustic World
  Gold metal & Natural finish
 岩本さん製作のオーダーメード。
 切れのよい厚みのある音が出ます。

◆フィドル
チェコ製 1956年 Zucker
 2009年9月にプラハ出張のときに
 購入。とてもいい響きです。

Yamaha Electric Violin

◆ベース
Atlier CUB-custom

ブルーグラス用以外には、以下
を持っています。
Gibson ES175 1963年製
Fender Telecaster USA
Cordover Maccafferi Type

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

oldriver

Author:oldriver
古川修(ふるかわ よしみ)

50年近くブルーグラス音楽の演奏活動を続けています。
ブルーグラスの楽器は全て弾きます。

ブルーグラス好きの皆様。気軽に声をかけてください。
ジャム演奏や、バンドメンバーが欠けたときのトラなど、なんでも大歓迎です。

参加バンド
◆Hillside Travelers
  マンドリン・ドブロ担当
  大学時代の継承バンドを
  OBが時間と世代を超えて
  復活
  ビルモンロー、
  フラット&スクラッグス、
  スタンレーブラザース、
  リリーブラザース・・・
  などのトラッドで懐かしい
  ブルーグラスをお届け
  いたします。

 ☆2012年3月23日(金)
   曙橋バックインタウン
   1バンドライブ

◆The Natural Gold
  バンジョー、
  3フィンガー・ギターを担当
  女性ボーカルを配し、
  ロンダヴィンセントのカバー
  を中心とし、
  難曲に挑戦中!

  ノリのよさと、洗練された
  ハイロンサムサウンドを
  目指しています。
 
 ☆ 次回ライブは5月ころ

◆ 7th Heaven
  2010年にスタートしたカントリーバンド。
  テレキャスター担当

  ☆4月14日(土) 赤坂J's Bar
  
◆Gourmet Jazz Quintet
  おじさん、おねーさん、若者たちで構成
  している世代を超えたジャズバンド。

  ☆3月31日(土) 13:00~所沢SWAN

◆Out of Grass
ネオトラッド系ブルーグラス
 マンドリン&フィドル担当

所有楽器
◆バンジョー 
本体: Gibson RB800 
Tone Ring : Danic
Wood Rim : Jimmy Cox
  Timeless Timber Maple
Frange : 1ピース
 戦前グラナダの音に近づける
 改造をしました。

◆ギター
Martin D18 1947
     S/N 100470
 マホガニーの枯れた音が最高!

Johnson JD27
 この値段で最近のマーチンを凌ぐ
 響きの良さ。

◆マンドリン
Gibson F5 1953
      S/N A12936
 枯れた音色でよく鳴ります。

The Loar
 この値段でいいのかと思うほど
 よく鳴ります。

◆ドブロ
Acoustic World
  Gold metal & Natural finish
 岩本さん製作のオーダーメード。
 切れのよい厚みのある音が出ます。

◆フィドル
チェコ製 1956年 Zucker
 2009年9月にプラハ出張のときに
 購入。とてもいい響きです。

Yamaha Electric Violin

◆ベース
Atlier CUB-custom

ブルーグラス用以外には、以下
を持っています。
Gibson ES175 1963年製
Fender Telecaster USA
Cordover Maccafferi Type

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
カウンター
ブロとも一覧
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。