FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィドルの調整をしてもらいました

豪徳寺にあるヴァイオリン工房「リューテリア・ガン」に出していたフィドルの調整が終了して、引き取ってきました。

駒:  いいものに交換して高さ調整
魂柱: 交換して位置調整
指板: 凹面となっていたのを削ってまっすぐに
アゴ当て: プラスティックから木(弓と同じ材質)へ交換

響きが随分よくなりました。
本当に良く鳴ります。

あとは、弓をそのうちグレートアップしたいと思っています。
スポンサーサイト

プラハで買ったフィドルの素性が判明しました。

プラハのヴァイオリン・ヴィオラ専門楽器店で購入したヴァイオリンですが、どの程度のものか情報収集をしようとしても、ネット検索ではなかなか見つかりませんでした。

ラベルは手書きの書体で、読みにくく
Zucker Fr.
Luby u Elebu
1956
というようなことが書いてありました。

神田のK楽器店では、これはドイツの大量生産だ、このエッジの加工は量産加工の印だと、さも分かったようなことを言われましたが、青葉台サラサーテで診てもらったところ、完全に手工品であり、購入した**万円で買える楽器ではありません、とお墨付きをもらって一安心したことは前の日記で紹介しました。

そして、先日は補修をお願いした豪徳寺のリューテリア・ガンのガンさんから、これはいい楽器で、**万円とは大変得な買い物をしましたね、とさらにお墨付きをもらいました。 ガンさんに現在フィドルを預けてあって、駒の交換、魂柱の交換と位置調整、指板のそりの調整をお願いしています。今週の木曜に出来る予定ですので、音がどう変わるか愉しみです。


そして、ヴァイオリン・ヴィオラについてのマニアックなBBSである下記にヴァイオリン製作者の情報求むの記事を投稿してみました。
http://www.strad.co.jp/cgi/qabbs.cgi

このサイトは、ヴァイオリン・ヴィオラの楽器屋のページにあって、クラシック中心ですが、楽器の扱いや製作者情報など、とてもマニアックな情報が飛び交っていて、とても面白いです。



しばらく、レスがなかったのですが、さきほど観たら、レスが返ってきていました。

下記で検索するとこんなのが出てくるという返事です。
http://musicsack.com/PersonFMTDetail.cfm?PersonPK=100434736


Zucker, Franz Josef
violin maker
born: 22 Feb 1907 Schonbach
died: 21 Dec 1974 Erlangen, Germany
active: Schonbach, Bohmen now Luby, Czechoslovakia
active: Erlangen, Germany

チェコ生まれで、ドイツで活動していたフランツ・ヨセフ・ズッカーさんが49歳の仕事盛りのころに製作した手工品と判明しました。

やはり、プラハの楽器屋が言っていた通りでした。
一安心です。

しかし、上記のような便利な検索サイトがあるのは知りませんでした。
クラシック以外は駄目なようですけど。

ちょっとジャズに浮気

昨夜はGJQ (Gourmet Jazz Quartet) と称するジャズバンドの練習でした。

このバンドは、私が主宰している美味しいものをテーマにしたメーリングリストの仲間で構成していて、その飲んだり食べたりするイベントの際にライブ演奏を行って、盛り上げる役割を持っています。来週そのMLの10周年記念宴会があるので、そのときの舞台の準備です。


フルート、サックスに私がギター。そして、女性ボーカルに昨日はブルーグラス仲間のFRANKさんがベースで参加していただいて、充実した演奏練習ができました。ギターはギブソンのジャズ定番のES175というアコースティックエレキ。そのチャーリークリスチャンモデルというピックアップが1個だけのものを、以前ワシントンDCで新古品として安く買ってきたものです。

On the Sunny Side of the Streetなど、数曲練習しました。
ジャズは久しぶりだったので、最初はノリが悪かったのですが、途中から調子がでてきて、アドリブソロもなんとかこなせました。

ジャズのインポロヴィゼーションの練習は、ブルーグラスでも役に立っています。ブルーグラスはジャズほどコードが動いたり、テンションを使うことはありませんが、スリーコードでも、ペンタトニックや、ディミニッシュスケールなどでジャズ的なニュアンスを加えると、モダーンな今風ブルーグラスになります。

日本のヴァイオリン楽器業界がよく分かりました

最近チェコで買った1956年チェコ製のヴァイオリンですが、日本のヴァイオリン業界ではどのようなランクになるのが興味ありました。

で、この間神田の大手楽器店に以前から持っていたヴァイオリンが売れないかどうか確認した際に、今回買ったヴァイオリンもどの程度の査定をするか訊いてみました。そうしたら・・


K楽器店では、以前他の客と店員が話をしていて
客「ヴァイオリンの価値って知らない楽器でもわかるんですか?テレビでいい楽器と違うものがブラインドで出てきて、タレントがよく間違えていますが」
K「我々は音を訊けばすぐに分かりますよ。ストラテヴァリとかがブラインドででても響きが違いますからね」と豪語していたわけです。

そこで、本当に分かるのかどうか、ちょっと試してみたくなったのと、実際にチェコで買ってきた楽器が日本ではどのように評価されるかとても興味があったわけです。

私「この楽器って、どのくらいの値段で買えるのですかね?」
K「いくらぐらいで買ってきたんですか?」
私「いえ、まあ・・・それは別に、どの程度で売られているものなんでしょうか?」

しばらくヴァイオリンを見たり、叩いたり、仲間と相談したりして、音は出さずに・・・
ラベルを見ても、知っているものではないので頭をかしげている。あげくの果てに・・


K「これって、ドイツ製の大量生産品ですね。うちでは10万円から20万円で売っているものと、同等だと思います。」
私「いえチェコ製の手工品だと思います。」
K「チェコ製だともっと安くなりますよ。ここのラインなんて機械じゃないと加工できないいですよ」
私「へえ、そうなんですか。」


と、いう展開で、このときの感想は自分の店で扱っていない商品の判断は難しいのだろうという感じでした。そこで、向かいにある、S楽器店にも行ってみました。


私「この楽器っていくらぐらいのものなんでしょう?」
S「うちでは、買取の査定しかできません」
私「ではそれで結構ですので、いくらか査定してください」
Sの女性店員はヴァイオリンのなかのラベルを見たり、他の店員と相談したりして、あげくのうちに、店の奥に持っていって、結局は楽器を弾く音も聞こえずに・・・

S「これはうちで買うなら3万円ですね」
私「あっ、そうなんですか」


ということで、結論はこの両方の楽器屋屋は楽器そのもので価値の査定をしているのではなく、ブランド名で査定しているということでした。何かワインに似ているな・・・


と思っていたら、ネットを検索していて、初めて納得できる考え方のヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ専門楽器店をみつけました。日本はイタリヤ信仰が強く、それは間違いだというような主張が載っていました。価値は楽器そのものにある、という点に大きくうなずいた次第です。

青葉台のサラサーテという店です。
http://www.sarasate.net/

ということで、今日はその青葉台「サラサーテ」を訪問してみました。
松ヤニを購入して、ネットを見たことを告げ、チェコで買ってきたヴァイオリンを診てもらいました。

サ「**万円では買える楽器ではありません。いい買い物をされましたね。」
私「そうですか、そう聴いて安心しました。神田の楽器屋が大量生産といっていましたが。」
サ「大量生産ではありませんよ。この造りは。ただし、名工で造られたものではないと思います。名工として有名だと**万円では入手できないでしょう」

ということで、納得。 神田で感じたことが裏付けされて一安心。


話もはずみました。ヴァイオリンの価値の問題などなど。日本はイタリヤ製品が格上だと業界は思っていて、それは全くの間違いであること。100年前のイタリヤのヴァイオリンは名器であるソトラテヴァリなどとは全然違った方向の楽器で、むしろ100年前から50年前のドイツ製、チェコ製、ハンガリー製のほうがイタリヤのソトラドなどの伝統的な名器に近い。楽器のよさは国ではないし、ブランドでもなく、その楽器の造りそのものだ。 手工品のよさは、表板の隆起にも表れていて、それがまた、板の厚みをうまく変化させて振動しやすくしている。これは、木材の個性を考えて微妙に調整しているところが手工品ならではで、量産ではできない。

などなど。

こちらも、湖底で眠っていたメイプルでバンジョーの改造を行った話などしました。
話は尽きませんでした。


話を聴いて、ヴァイオリンの楽器業界はワイン業界と同じく、自分の店で扱うブランドは価値評価ができるけど、そうでないものは評価が極端に落ちる。そうでない楽器屋は珍しいが存在している。ということが十分に納得できました。


で、サラサーテの北見さんからアドヴァイスをいただきました。
・駒がいいものがついていないので、交換したほうがいい。
・テールピースもプラスティック製なので交換したほうがいい。
・魂柱が正しい位置についていないので、調整に出したほうがいい。
・この楽器は本来出すべき性能を十分には出しきれていない。
・弓をもう少しいいものに換えた方がいい。

なるほど、なるほど。来てよかった。
どの楽器でも、業界は間違って捉えていることが多く、そのなかで、きちっと分かっている人がいるんだ。


ということで、サラサーテと取引のある楽器修理工房を紹介してもらいました。
我が家から行きやすい小田急線豪徳寺にある工房です。


日本酒業界でいうと、笹塚のH酒店のような独自のポリシーを持っているヴァイオリン専門楽器屋と知合いになって、よかったと思います。
プロフィール

oldriver

Author:oldriver
古川修(ふるかわ よしみ)

50年近くブルーグラス音楽の演奏活動を続けています。
ブルーグラスの楽器は全て弾きます。

ブルーグラス好きの皆様。気軽に声をかけてください。
ジャム演奏や、バンドメンバーが欠けたときのトラなど、なんでも大歓迎です。

参加バンド
◆Hillside Travelers
  マンドリン・ドブロ担当
  大学時代の継承バンドを
  OBが時間と世代を超えて
  復活
  ビルモンロー、
  フラット&スクラッグス、
  スタンレーブラザース、
  リリーブラザース・・・
  などのトラッドで懐かしい
  ブルーグラスをお届け
  いたします。

 ☆2012年3月23日(金)
   曙橋バックインタウン
   1バンドライブ

◆The Natural Gold
  バンジョー、
  3フィンガー・ギターを担当
  女性ボーカルを配し、
  ロンダヴィンセントのカバー
  を中心とし、
  難曲に挑戦中!

  ノリのよさと、洗練された
  ハイロンサムサウンドを
  目指しています。
 
 ☆ 次回ライブは5月ころ

◆ 7th Heaven
  2010年にスタートしたカントリーバンド。
  テレキャスター担当

  ☆4月14日(土) 赤坂J's Bar
  
◆Gourmet Jazz Quintet
  おじさん、おねーさん、若者たちで構成
  している世代を超えたジャズバンド。

  ☆3月31日(土) 13:00~所沢SWAN

◆Out of Grass
ネオトラッド系ブルーグラス
 マンドリン&フィドル担当

所有楽器
◆バンジョー 
本体: Gibson RB800 
Tone Ring : Danic
Wood Rim : Jimmy Cox
  Timeless Timber Maple
Frange : 1ピース
 戦前グラナダの音に近づける
 改造をしました。

◆ギター
Martin D18 1947
     S/N 100470
 マホガニーの枯れた音が最高!

Johnson JD27
 この値段で最近のマーチンを凌ぐ
 響きの良さ。

◆マンドリン
Gibson F5 1953
      S/N A12936
 枯れた音色でよく鳴ります。

The Loar
 この値段でいいのかと思うほど
 よく鳴ります。

◆ドブロ
Acoustic World
  Gold metal & Natural finish
 岩本さん製作のオーダーメード。
 切れのよい厚みのある音が出ます。

◆フィドル
チェコ製 1956年 Zucker
 2009年9月にプラハ出張のときに
 購入。とてもいい響きです。

Yamaha Electric Violin

◆ベース
Atlier CUB-custom

ブルーグラス用以外には、以下
を持っています。
Gibson ES175 1963年製
Fender Telecaster USA
Cordover Maccafferi Type

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

oldriver

Author:oldriver
古川修(ふるかわ よしみ)

50年近くブルーグラス音楽の演奏活動を続けています。
ブルーグラスの楽器は全て弾きます。

ブルーグラス好きの皆様。気軽に声をかけてください。
ジャム演奏や、バンドメンバーが欠けたときのトラなど、なんでも大歓迎です。

参加バンド
◆Hillside Travelers
  マンドリン・ドブロ担当
  大学時代の継承バンドを
  OBが時間と世代を超えて
  復活
  ビルモンロー、
  フラット&スクラッグス、
  スタンレーブラザース、
  リリーブラザース・・・
  などのトラッドで懐かしい
  ブルーグラスをお届け
  いたします。

 ☆2012年3月23日(金)
   曙橋バックインタウン
   1バンドライブ

◆The Natural Gold
  バンジョー、
  3フィンガー・ギターを担当
  女性ボーカルを配し、
  ロンダヴィンセントのカバー
  を中心とし、
  難曲に挑戦中!

  ノリのよさと、洗練された
  ハイロンサムサウンドを
  目指しています。
 
 ☆ 次回ライブは5月ころ

◆ 7th Heaven
  2010年にスタートしたカントリーバンド。
  テレキャスター担当

  ☆4月14日(土) 赤坂J's Bar
  
◆Gourmet Jazz Quintet
  おじさん、おねーさん、若者たちで構成
  している世代を超えたジャズバンド。

  ☆3月31日(土) 13:00~所沢SWAN

◆Out of Grass
ネオトラッド系ブルーグラス
 マンドリン&フィドル担当

所有楽器
◆バンジョー 
本体: Gibson RB800 
Tone Ring : Danic
Wood Rim : Jimmy Cox
  Timeless Timber Maple
Frange : 1ピース
 戦前グラナダの音に近づける
 改造をしました。

◆ギター
Martin D18 1947
     S/N 100470
 マホガニーの枯れた音が最高!

Johnson JD27
 この値段で最近のマーチンを凌ぐ
 響きの良さ。

◆マンドリン
Gibson F5 1953
      S/N A12936
 枯れた音色でよく鳴ります。

The Loar
 この値段でいいのかと思うほど
 よく鳴ります。

◆ドブロ
Acoustic World
  Gold metal & Natural finish
 岩本さん製作のオーダーメード。
 切れのよい厚みのある音が出ます。

◆フィドル
チェコ製 1956年 Zucker
 2009年9月にプラハ出張のときに
 購入。とてもいい響きです。

Yamaha Electric Violin

◆ベース
Atlier CUB-custom

ブルーグラス用以外には、以下
を持っています。
Gibson ES175 1963年製
Fender Telecaster USA
Cordover Maccafferi Type

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
カウンター
ブロとも一覧
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。