FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新バンドのバンド名を変更します

新バンドの名前を『草鳴衆』(So nice!)としようと思っていましたが、先日の初練習でいい名前が浮かびあがりました。

The Natural Gold

バンジョーの改造が終わり、1970年代のギブソンRB800は新品のように蘇りました。

バンジョーと幸 (8)

ネック、リゾネーター、ウッドリムのナチュラル仕上げと、テンションフープ、アームレスト、テールピース、フランジのゴールド仕上げが奇麗にマッチしています。


これが、また、昨年オーダーメイドしたアコースティックワールド製ドブロとよくマッチした色合いです。

07脱穀と椎茸008


この二つの楽器を並べて眺めて、ナチュラル・ゴールドの美しさをバンドの名前とするアイディアを思いつきました。ブルーグラスは24金の音楽と呼ばれているし、自然でゴールドのような綺麗なコーラス・演奏をしたいという気持ちも含まれて、なかなかいい名前と思いました。

The Natural Goldがいよいよ始動。今後のバンド活動が愉しみです。
スポンサーサイト

新バンド稼働開始

新バンドの練習を行いました。

ギター、バンジョー、マンドリン、フィドルがすでに決まっていて、ベースメンバーは募集中。
今回はフィドルのクリスさんが用事があって、3名で練習しました。

私の自宅で昼過ぎから夕方までの時間で、いろいろな曲を試してみました。
かなりいい感じで、唄と演奏ができ、ユニークなサウンドが作れそうなことが確認できました。
曲のジャンルは、ビルモンロー、フラット&スクラッグス、スタンレーブラザース、JDクロウ&ニューサウス、スペクトラム、セルダムシーンなど多岐にわたっています。

5月か6月くらいには初ライブをやりたいな、と考えています。


しかし、ハイテナーパートがいなくて、コーラスが苦しいものがあります。ここを今後強化できれば、相当なレベルのブルーグラスバンドになりそうです。

ハイテナーを唄えるメンバーを募集しています。男性でも女性でもかまいません。
男性の場合は、楽器担当はベース、ギター、ドブロのどれか。上のAくらいまで楽に唄えればベスト。

女性の場合は、楽器をできなくても結構です。

興味のある方は、ぜひ連絡をください。とりあえず、練習を見にきてから決めるなどのことでも結構です。バンドのメンバーではお互いの相性が重要ですので、十分時間をとって相談して決めたいと思います。

活動拠点は東京。
練習は新宿近辺。ライブは銀座ロッキートップ、曙橋バックインタウン、高円寺ムーンストンプなどを予定しています。

ヒルサイドトラベラーズの練習とライブ打ち上げをしました

久しぶりの練習でした。

メンバーの会社で練習。先日のライブはリニアPCMレコーダーで録音したところ、ステージで感じていた状況はかなり甘かったことが分かり、反省も兼ねてです。

しかし、昨年の5月に大学時代の部活バンドの復活を相談してから、9か月経ちましたが、確実に進歩はしています。しかし、まだまだステージ慣れをしていないための、イージーミスが目立ちます。そのような観点から今回は曲を絞って、基本的な部分を確認しながら練習しました。

そこで、まずは長期目標を立てました。
ライブを重ねて、このバンドの主旨である後輩への伝承という意味合いから、東京大学の本郷キャンパスでコンサートをしようという企画です。できれば来年の5月祭で、思い出のある安田講堂でできればパーフェクト。

この企画をかなえるには色々なネゴシエーションが必要です。
まずは、その企画へ向けて、恥をかかないように前向きに練習を重ねていきたいと思います。

練習が終わってからはカレッタ汐留の蕎麦屋「一久庵」で反省会・打ち上げ。
楽しく、美味しく過ごしました。




明日は、さらにもう一つの新しいバンドの練習です。
改造したバンジョーは、まさにパーフェクト。時間が経つに連れてどんどんと音が出るようになっています。一年後くらいには、アールスクラッグスの以前の演奏の音になっているかも知れません。今回の改造は本当に正解でした。

バンジョー、マンドリン、ドブロ、ギターと、演奏活動は以前から夢見ていた理想に近づいています。
そのうち、フィドルも練習してバンドで演奏をしたいとも思っています。
ブルーグラス三昧の今日このごろです。

バンジョー改造完了

昨年10月に企画して、アコースティックワールドの岩本さんにお願いしていたバンジョーの改造がやっと終わりました。

もともバンジョーは70年代のギブソンRB800.
それなりに気にはいっていたのですが、より深みのある音を求めて改造をしました。

トーンリングをDanicへ、ウッドリムをジミーコックスのタイムレスティンバーメイプルの3プライへ、という変更なのですが、トーンリング、ウッドリムはすぐに入ったものの、2ピースフランジを1ピースフランジに変更する必要があり、フランジがなかなかアメリカから入らずに3か月もかかってしまいました。

岩本さんから携帯にやっとできたよ、と連絡が入り、心躍りながらアコースティックワールドを訪問しました。アームレストも新品に変えていますので、金色の部分はほとんど新品。

バンジョーと幸 (9)

とても綺麗な仕上がりで、まずは見て目は満足。
バンジョーと幸 (5)

バンジョーと幸 (6)


そして、音をならしました。

バンジョーと幸 (4)

それほど馬鹿でかい音がでるわけではありません。
グーンという引っ張る音。
これぞ求めていた音でした。そうです、アールすスクラッグスのバンジョーの音。
雑音は皆無。芯のある音色がします。弾けば弾くだけの音の厚みと深みがあります。

そして、岩本さんのところでバンジョーを受け取って弾いたときの音色と、自宅に持って帰ってから弾いた音色がまた違います。時間が経つにつれてバンジョーの音が閉まりがでてきます。これぞスクラッグス。追い求めてきた音でした。

いやー、こんな簡単に戦前グラナダに近い音が得られるとは思いませんでした。
まさに感動もの。

オズボーンチーフを買えば50万円くらいします。
本物のグラナダの戦前モデルは2千万しているものもあります。
それが、36万円で完成。

まだ、塗装が完全には乾いていなくて、少し音に柔らかみがあります。
これが、塗装も乾いてくると、枯れた音になることが期待されます。

今日は、最近では珍しい感動を覚えた1日でした。
ドブロとマンドリンを弾くことが面白く感じていたのに、もう一つ毎日でも触りたい楽器ができました。

高円寺「ムーンストンプ」でジャム

高円寺のライブハウス「ムーンストンプ」では、毎月、第1・3金曜日にブルーグラスフリーセッションと称してジャムをやっています。こちらのシステムではフリーセッションのときはチャージなしで、客がそれおぞれキャッシュオンデリバリで注文ごとにお金を払うことになっていますが、飲み物が500円くらいからあるので、安い値段でブルーグラスの演奏をして愉しむことができます。
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/

バンジョーはアコースティックワールドの岩本さんに改造をお願いしていますが、アメリカから取り寄せている部品の一部のパーツの到着が随分遅くなり、先週ようやく入って作業が開始された状況です。

そこで、昨夜はドブロを持ってでかけました。高円寺の駅の近くの鰻屋「寿恵川」で鰻重をいただいて腹ごなしをしてかあらムーンストンプ訪問。8時近くなると20名ほどの席は満席。海外の方が半分くらいいます。

昨夜は、まず最初のユニットでドブロを担当。しばらく休んでいたら、今度新バンドを一緒にやるメンバーのクリスさんがフィドルを持ってきて参加。最後はバンジョーを担当して、いろいろと演奏を楽しめました。

やはり、ブルーグラス音楽を演奏するのはとても愉しいことです。
最近では若手がこの音楽を知らないので、ぜひ日本の若い人たちに広めたいと思います。
プロフィール

oldriver

Author:oldriver
古川修(ふるかわ よしみ)

50年近くブルーグラス音楽の演奏活動を続けています。
ブルーグラスの楽器は全て弾きます。

ブルーグラス好きの皆様。気軽に声をかけてください。
ジャム演奏や、バンドメンバーが欠けたときのトラなど、なんでも大歓迎です。

参加バンド
◆Hillside Travelers
  マンドリン・ドブロ担当
  大学時代の継承バンドを
  OBが時間と世代を超えて
  復活
  ビルモンロー、
  フラット&スクラッグス、
  スタンレーブラザース、
  リリーブラザース・・・
  などのトラッドで懐かしい
  ブルーグラスをお届け
  いたします。

 ☆2012年3月23日(金)
   曙橋バックインタウン
   1バンドライブ

◆The Natural Gold
  バンジョー、
  3フィンガー・ギターを担当
  女性ボーカルを配し、
  ロンダヴィンセントのカバー
  を中心とし、
  難曲に挑戦中!

  ノリのよさと、洗練された
  ハイロンサムサウンドを
  目指しています。
 
 ☆ 次回ライブは5月ころ

◆ 7th Heaven
  2010年にスタートしたカントリーバンド。
  テレキャスター担当

  ☆4月14日(土) 赤坂J's Bar
  
◆Gourmet Jazz Quintet
  おじさん、おねーさん、若者たちで構成
  している世代を超えたジャズバンド。

  ☆3月31日(土) 13:00~所沢SWAN

◆Out of Grass
ネオトラッド系ブルーグラス
 マンドリン&フィドル担当

所有楽器
◆バンジョー 
本体: Gibson RB800 
Tone Ring : Danic
Wood Rim : Jimmy Cox
  Timeless Timber Maple
Frange : 1ピース
 戦前グラナダの音に近づける
 改造をしました。

◆ギター
Martin D18 1947
     S/N 100470
 マホガニーの枯れた音が最高!

Johnson JD27
 この値段で最近のマーチンを凌ぐ
 響きの良さ。

◆マンドリン
Gibson F5 1953
      S/N A12936
 枯れた音色でよく鳴ります。

The Loar
 この値段でいいのかと思うほど
 よく鳴ります。

◆ドブロ
Acoustic World
  Gold metal & Natural finish
 岩本さん製作のオーダーメード。
 切れのよい厚みのある音が出ます。

◆フィドル
チェコ製 1956年 Zucker
 2009年9月にプラハ出張のときに
 購入。とてもいい響きです。

Yamaha Electric Violin

◆ベース
Atlier CUB-custom

ブルーグラス用以外には、以下
を持っています。
Gibson ES175 1963年製
Fender Telecaster USA
Cordover Maccafferi Type

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

oldriver

Author:oldriver
古川修(ふるかわ よしみ)

50年近くブルーグラス音楽の演奏活動を続けています。
ブルーグラスの楽器は全て弾きます。

ブルーグラス好きの皆様。気軽に声をかけてください。
ジャム演奏や、バンドメンバーが欠けたときのトラなど、なんでも大歓迎です。

参加バンド
◆Hillside Travelers
  マンドリン・ドブロ担当
  大学時代の継承バンドを
  OBが時間と世代を超えて
  復活
  ビルモンロー、
  フラット&スクラッグス、
  スタンレーブラザース、
  リリーブラザース・・・
  などのトラッドで懐かしい
  ブルーグラスをお届け
  いたします。

 ☆2012年3月23日(金)
   曙橋バックインタウン
   1バンドライブ

◆The Natural Gold
  バンジョー、
  3フィンガー・ギターを担当
  女性ボーカルを配し、
  ロンダヴィンセントのカバー
  を中心とし、
  難曲に挑戦中!

  ノリのよさと、洗練された
  ハイロンサムサウンドを
  目指しています。
 
 ☆ 次回ライブは5月ころ

◆ 7th Heaven
  2010年にスタートしたカントリーバンド。
  テレキャスター担当

  ☆4月14日(土) 赤坂J's Bar
  
◆Gourmet Jazz Quintet
  おじさん、おねーさん、若者たちで構成
  している世代を超えたジャズバンド。

  ☆3月31日(土) 13:00~所沢SWAN

◆Out of Grass
ネオトラッド系ブルーグラス
 マンドリン&フィドル担当

所有楽器
◆バンジョー 
本体: Gibson RB800 
Tone Ring : Danic
Wood Rim : Jimmy Cox
  Timeless Timber Maple
Frange : 1ピース
 戦前グラナダの音に近づける
 改造をしました。

◆ギター
Martin D18 1947
     S/N 100470
 マホガニーの枯れた音が最高!

Johnson JD27
 この値段で最近のマーチンを凌ぐ
 響きの良さ。

◆マンドリン
Gibson F5 1953
      S/N A12936
 枯れた音色でよく鳴ります。

The Loar
 この値段でいいのかと思うほど
 よく鳴ります。

◆ドブロ
Acoustic World
  Gold metal & Natural finish
 岩本さん製作のオーダーメード。
 切れのよい厚みのある音が出ます。

◆フィドル
チェコ製 1956年 Zucker
 2009年9月にプラハ出張のときに
 購入。とてもいい響きです。

Yamaha Electric Violin

◆ベース
Atlier CUB-custom

ブルーグラス用以外には、以下
を持っています。
Gibson ES175 1963年製
Fender Telecaster USA
Cordover Maccafferi Type

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
カウンター
ブロとも一覧
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。